ネットワーク

2018年06月29日

 東京では梅雨も明け、夏本番が近づいてきました。
 夏の計画はもう立てていますか。
 
 アゼスタサポートグループです。
 
 ここ最近、旅ネスプロ子機より親機への接続の際に
 「Y:¥Datに接続できません。書き込みを中止します。」
 といったエラーが表示され接続できない状況が
 多数発生しております。

 ※エラーが出ましても旅ネスプロを使用することは出来ますが、
  ロゴや経路線が表示されないなどの不具合が起こってしまいます。

 5月よりwindows10OSの大型アップデートプログラム
 「April 2018 Update」が公開され、
 windowsの更新(windows update)により
 共有保護設定が有効化されるため、共有ファイルを開こうとする際に
 パスワードの入力を求められるようになり、その影響により
 接続エラーが発生しています。

 旅ネスプロ子機を立ち上げた際に
 「Y:¥Datに接続できません~」と表示された場合
 下記の手順にて共有フォルダの参照が行えるかご確認下さい。 
 
 ①デスクトップ上のPCアイコンよりネットワークの場所を確認
 
 ②ネットワークドライブaz_trv(コンピュータ名)に赤いがついていましたら
  ネットワークドライブを開けるかダブルクリックして下さい

 ダブルクリックを行いドライブが開きましたら
 そのまま旅ネスプロをご利用いただけます。 
 デスクトップアイコンより旅ネスプロを起動して下さい。

 ※旅ネスプロを起動している場合は、
  一度旅ネスプロを終了後、再度起動しなおして下さい。


6gatu1
 ダブルクリックした際に右図が表示されましたら
 windowsの更新の影響による変更が考えられるため
 バス快道親機端末より下記の方法を
 試してみて下さい。


 ①Windowsスタートメニューを開き
  「設定」(画面左側の歯車マーク)を開く

 ②「Windowsの設定画面」より
  「ネットワークとインターネット」を開く

 ③ネットワーク設定の変更より「共有オプション」を開く

 ④すべてのネットワークを開きパスワード保護共有項目で
  パスワード保護共有を無効にするを選択

 ⑤子機側で親機の共有ファイルが開くかご確認ください

 ※上記手順を行っても接続がうまくいかない場合には
  アゼスタサポートデスクまでご連絡下さい。

  詳しい操作やお問い合わせは
  アゼスタサポートデスクまでお問い合わせ下さい。

azesta   このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年11月20日

こんにちは、アゼスタサポートグループです。
今回は、ウィスル対策ソフト「ウィルスセキュリティZERO」のフォルダ監視除外設定をご紹介します。
①
セキュリティソフトを立ち上げます。
①ウィルスとスパイウェアから守る。
  を選択します。

②設定ボタンをクリックします。

③ウィルス自動検知のタブを開きます。

④検査したくないファイル、フォルダを指定する
  をクリックします。



②⑤ファイルやフォルダを追加を選択します。

 




⑥フォルダを追加する。をクリック




※フォルダの参照画面で除外するフォルダを
 選択します。
 【旅nesProのフォルダと、SQL SERVER(
  データベース)のフォルダ】


③
  


⑦C:\AZ_TRV
  C:\ProgramFiles\MicrosoftSQLServer
  をそれぞれ選択してチェックを全てつけてOKをおします。


⑧検査除外リストに上記2つのフォルダが追加されました
  ら、OKを押して完了です。



旅nesProのフォルダとデータベースソフトのフォルダを監視除外する設定をご紹介させていただきましたが、これにより「システムの動きが遅くなる」などの現象が完全に改善されるとは限りませんのでご了承下さい。



azesta   このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年10月05日

旅nesPROの子機を起動したときに、画像のような無題メッセージが表示される場合があります。
親機の電源が入っているにもかかわらずメッセージが表示される場合には、
以下の手順で操作を行って下さい。

1.旅nesPROを一旦終了する
2.マイコンピュータ(Windows vistaの場合は「コンピュータ」)を開く
3.ネットワークドライブ(ネットワークの場所)から「'親機のコンピュータ名'のAz_trv」と
    書いてあるアイコンをダブルクリックします。
4.フォルダの中が確認できたら旅nesPROを起動します。

以上の手順で旅nesPROが正常に起動します。
上記の手順を試してもメッセージが消えない場合は、ネットワークの問題が考えられます。LANケーブルやハブ、ルーターなどの機器、セキュリティソフトの設定などを確認してください。

azesta   このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年10月01日

旅ネスプロを複数台でご利用いただいているお客様からのお問合せで、一番多いと思われるお問合せが、「データベースに接続に失敗しました。」です。

この現象の原因は以下のようなものが考えられます。
1.サーバーや親機パソコンの電源がOFFになって いるWindowsファイヤーウォール
2.ファイヤーウォールで、通信がブロックされてしまっている。
 ・ファイヤーウォールをOFF→ONに変更した。
 ・ウィルス対策ソフトをインストールした。
 ・ウィルス対策ソフトのバージョンアップをした。
3.LANケーブルが抜けている。

※ ファイヤーウォールは、WindowsXP(SP2以降)やVistaなどのOS
に標準搭載されている、Windowsファイヤーウォールマカフィーウィルスバスターノートンなどウィルスセキュリティーにも、機能が含まれている場合が多く、インストールしたつもりが無くても、ファイヤーウォールが動作している場合が多々あります。



azesta   このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社アゼスタ ホームページ
AZeSTA
旅ネスプロ
旅ネス
訪問者数
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ