2018年12月28日

Windows Defender による誤検知について(行程表作成)

平成最後の年末年始を迎えましたが、
寒波の襲来で帰省や旅行の方は交通機関の状況が心配ですね。

アゼスタ サポートデスクです

ここ数日で

「メニュー画面から「行程表作成」を開くと、
ヘッダ画面が2~3秒で勝手に閉じてしまう」

というお問い合わせが多く寄せられています。

この現象は、Windows10に標準でインストールされているセキュリティソフト
「Windows Defender」の誤検知が原因です。

もしで上記の現象が発生した場合、以下の設定を行うことで復旧することができます。
 1.こちらのサイト を参考に、除外設定を行います

  除外指定するフォルダ C:\AZ_TRV

   「PC」 → 「OS(C:)」「ローカルディスク(C:)」「Windows(C:)」など
    → 「AZ_TRV」

 2.旅ネスプロでオンラインアップデートを実行します

   メニュー → システム管理 → オンラインアップデート
   (「プログラム更新」には必ずチェックを付けてください)


まことに勝手ながら、12/29 ~ 1/6までサポートデスクはお休みとさせていただきます。
年明けの受付は1/7(月)からとなります。

良いお年をお迎えください。


azesta │システム全般 | ハード・OS関連  このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社アゼスタ ホームページ
AZeSTA
旅ネスプロ
旅ネス
訪問者数
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ